一般社団法人 青森県工業会

TEL : 017-721-3860 FAX : 017-723-1243

事務局からのお知らせ

2019年1月のアーカイブ

知財活用サロン「ものづくり革新手法」参加者募集

知財活用サロン「ものづくり革新手法」を開催します

 

青森県工業会では、青森県知的財産支援センター(青森県、青森県発明協会)と共催で、中小企業の力となる知的財産について学ぶ知財活用サロン「ものづくり革新手法」を開催します。

このサロンでは、知的財産(特許・営業秘密)の基本についてわかりやすく説明するほか、知的財産活用による成功事例について紹介しますので奮って御参加ください。

◆内容:
① 講義「技術開発のための知的財産(特許、営業秘密)」
講師:富沢特許事務所 弁理士 富沢知成 氏

② 事例紹介「知的財産を活用したビジネスモデル」
発表者:上北建設株式会社 土木部 技術推進室 下川原隆 氏
コーディネーター:富沢特許事務所 弁理士 富沢知成 氏
青森県知財総合支援窓口 窓口支援担当者 田中智 氏

③ 青森県知的財産支援センターの取組紹介

◆ 開催日時、場所
【青森会場】
2月13日(水)13:30~15:30
ウェディングプラザアラスカ 2階「ガーネット」
(〒030-0801 青森市新町一丁目11-22 電話:017-723-2233)

【弘前会場】
2月15日(金)13:30~15:30
弘前パークホテル 2階「デュパルク」
(〒036-8182 弘前市土手町126  電話:0172-31-0089)

【八戸会場】
2月19日(火)13:30~15:30
八戸プラザホテル「グレースホール」
(〒031-0081 八戸市柏崎1丁目6-6 電話:0178-44-3121)

◆参加費:無料
◆申込み方法:下記チラシの裏面の応募用紙に必要事項を記入し、下記担当までFAXまたはメールでお申し込みください。
(各会場とも締切は開催日の1週間前となっていますが、締切後でも定員に余裕があれば受付いたしますので、お気軽に御連絡ください。)チラシは以下のHP(青森県知的財産支援センター)にも掲載されています。
http://www.pref.aomori.lg.jp/sangyo/shoko/chiteki-2018-saron-mono.html

◆ お問い合わせ先:
一般社団法人青森県発明協会
住所:〒030-8570 青森市長島1丁目1-1 青森県庁北棟1階 青森県知的財産支援センター内
電話:017-762-7351、FAX:017-762-7352
E-mail:aomoipc1@jomon.ne.jp

開催チラシ・申込用紙はこちら ⇒ 2月サロン(ものづくり)チラシ

高機能溶接材料講習会・体験実習会および八戸工業研究所の研究紹介:参加者募集

溶接関連企業の高度技能人材確保、製品の品質向上による安定生産の維持・拡大を図ることで、東日本大震災からの本県ものづくり企業の早期復興を支援するため、青森県産業技術センター八戸工業研究所からの研究紹介と、㈱神戸製鋼所から講師を招き高機能な溶接材料についての講習会とフラックス入りコアードワイヤ(以下、FCW)の体験実習会を実施いたします。

関連する技術者の基盤技術力向上や参加企業の技術力強化のために是非ご活用ください。

○日時:平成31年2月20日(水) 13:00~15:30
○場所:青森県産業技術センター八戸工業研究所 実験棟(八戸市北インター工業団地1-6-29 電話:0178-21-2100)

○プログラム:
(第1部) 13:05~13:35
・研究紹介「溶接技術の見える化と動作矯正システムの開発」
・発表者:加藤 大樹 氏(青森県産業技術センター八戸工業研究所 研究員)

(第2部) 13:40~15:30
・講習会「高機能な溶接材料の紹介」
・講師:高田 徹 氏(㈱神戸製鋼所 溶接事業部門マーケティングセンター東日本営業室東北営業所)

・高機能なFCWの実演・体験実習
・担当:秋山 了亮  氏(神鋼溶接サービス株式会社 CS推進部 CSグループ)

= 当日体験できるフラックス入りコアードワイヤ =
・各種FCW(DW-50BF・MX-Z200MP・MX-Z50F等)
※実際にFCWの実演・体験実習ができます。

●当日は2班に分け、講習会と体験実習の順番を交互に行います。
●参加者は作業服でお越しください。
●定 員:20名
●申込締切:平成31年2月8日(金)
●参加費:無料
●受講申込:「参加申込書」をFAXかE-mailにて下記までお申込みください。

開催案内・申込書 ⇒ 30-4,5 講習会・実習案内

30-4次世代ものづくり技術研修会・体験会(アシストスーツ) 参加者募集

青森県工業会では、いま話題の社会にインパクトを与えている最新技術などについて紹介する次世代ものづくり技術研修を開催します。

今年度第4回目は「アシストスーツ」をテーマに青森県よろず支援拠点と共催で開催します。

「装着型ロボットがつくる社会」
講師 講師 古川 尚史 氏 〔株式会社イノフィス 代表取締役社長 CEO〕

昨今、ますます伸展する少子高齢化社会において、人手不足や従業員の高齢化による労働力不足への対策は喫緊の課題です。
さらに、身体負荷の高い動作による労働災害の発生など、労働環境改善のための問題も見逃せません。
そこで、今回は、東京理科大学発ベンチャー㈱イノフィス様のご協力を得て、装着者の動作を助けて作業負担を軽減するアシストスーツ(同社製品名:マッスルスーツ)の開発秘話から各種現場での活用例、今後の可能性、導入メリットなどについて事例をご紹介いただくほか、会場で、同社最新モデルのアシストスーツを実際に装着体験することもできます。
≪ ㈱イノフィス様のHP 紹介動画も多数!!  https://innophys.jp/ ≫

  • 日 時 平成31年2月15日(金)15:00~17:00
  • 場 所 八戸プラザホテル アーバンホール「あずさ」(八戸市柏崎1-6-6 ℡ 0178-44-3121)
  • 定 員 30名
  • 参加料 無料 (懇親会は会費4,000円講演終了後、同ホール「あじさい」にて行います)
  • 締 切 平成31年2月5日(火)

案内チラシ・申込書 ⇒ 30-4次世代研修会案内(アシストスーツ)