一般社団法人 青森県工業会

TEL : 017-721-3860 FAX : 017-723-1243

事務局からのお知らせ

令和元年度 青森県量子科学センター視察研修会 参加者募集

平成29年10月六ヶ所村に開設した「青森県量子科学センター」の認知度向上と潜在的ニーズの掘り起こしを目的とした視察研修会を開催いたします。

第1回目は「NRT装置(非破壊検査)、第2回目は「PIXE分析装置(元素分析)」についての研修会と実際に装置を動かしてデモンストレーションを実施いたします。この機会に是非ご参加ください。

◎第1回 9月17日(火)
テーマ:放射線を用いた非破壊製品検査とその応用事例について
【非破壊検査(NRT装置)】
中性子を利用して非破壊での透過検査を行うことができます。
X線検査では観察することのできない物質内部の水や樹脂製部品の状態などを観察することができます

◎第2回 10月7日(月)
テーマ:放射線を用いた微量多元素分析とその応用事例について
【元素分析(PIXE分析装置)】
試料に含まれる元素の定量分析を行う装置で、微量試料であっても非破壊かつ高感度に分析することができます。

※各回ともに
○会場:青森県量子科学センター(上北郡六ヶ所村大字尾駮字表舘2‐190)
○内容:14:00~17:00
14:05~15:00 研修会(講師:青森県量子科学センター コーディネーター 友寄 克亮 氏)
15:10~16:50 施設見学・デモンストレーション
○定員:15名(先着順)定員になり次第、締め切ります。
○締切日:令和元年9月9日(月)
○参加費:無料

開催案内 ⇒ ○量子科学センター案内(第1,2回)
申込書 ⇒ ○量子科学センター申込書(第1,2回)

 

生産現場の問題解決セミナー 受講者募集

企業個別ニーズ対応型生産性向上研修事業として、
「生産現場の問題解決~人材育成の問題解決・目標達成を目指して~」を開講いたします。

日時:令和元年9月11日(水)9:00~17:00
場所:弘前市総合学習センター 視聴覚室 (弘前市末広4-10-1 TEL 0172-26-4800)

◆講座内容:
この研修では、生産管理を理解し、生産現場の問題を発見、解決できる知識、技能を習得します。
生産現場の新人、若手中堅社員の方など、先ずは基本を学びたい方を始め、
ある程度、経験はあるものの、過去に体系的な教育を受けたことがなく、
今後後輩の指導のためにも全体像を学びたい、そのような方々にお勧めです。

◆カリキュラム(予定)
1 生産活動の基本
・生産活動の基本・生産活動における生産管理の役割
・生産現場の問題

2 現状分析とムダの発見
・ムダとは何か・ムダの発見
・現状分析~問題発生の真因を追求する~

3 生産現場の改善
・改善活動の基本・改善活動の手順
・効果的な改善のためのポイント

※上記カリキュラムについてグループワークや企業事例を交えてわかりやすく学びます。

講師:橋本 公一 氏
◆プロフィール
東海大学工学部生産機械工学科卒業。工作機械メーカーで製品の開発設計に従事。
その後、学校法人産業能率大学入職、技術現場、生産現場における教育、指導を行う。
現在、学校法人産業能率大学 総合研究所兼任講師。

対象業種:この研修は、青森県の「地域活性化雇用創造プロジェクト」を活用して行う事業のため、標準産業分類の中分類に定める下記の業種のうち、いずれかに該当する業を営む企業の従業員の方を対象としています。

食料品製造業、飲料・たばこ・飼料製造業、木材・木製品製造業、パルプ・紙・紙加工品製造業、化学工業、プラスチック製品製造業、ゴム製品製造業、鉄鋼業、非鉄金属製造業、金属製品製造業、はん用機械器具製造業、生産用機械器具製造業、業務用機械器具製造業、電子部品・デバイス・電子回路製造業、電気機械器具製造業、情報通信機械器具製造業、輸送用機械器具製造業  以上17業種

受講対象:生産現場の課題解決・目標達成を目指して基本知識を習得したい方など。

定員:15名
申込締切:令和元年8月30日(金)
受講料:3,240円/名(税込)(工業会会員企業 2,500円/名(税込))
※請求書は受講月の翌月に送付します。

開催案内 ⇒ ●生産現場の問題解決(9月11日)
申込書 ⇒ ●生産現場の問題解決(9月11日)申込書

品質管理実践セミナー 受講者募集

企業個別ニーズ対応型生産性向上研修事業として、
「品質管理実践~人材育成の問題解決・目標達成を目指して~」を開講いたします。

日時:令和元年9月18日(水)9:00~17:00
場所:弘前市総合学習センター 視聴覚室 (弘前市末広4-10-1 TEL 0172-26-4800)

◆講座内容
この研修では、品質管理の考え方を理解し、不良・クレームゼロを実践するために必要な知識と技能を習得します。
過去に職場で品質管理活動(QCサークル等)の経験のある方で改めて体系的に学びたい、確認したい方、あるいは基本的な内容は理解しているが、具体的な手法について実践的に学びたい方、そんな方々にお勧めの講座です。

◆カリキュラム(予定)

1 品質管理の進め方
・品質管理のサイクルと改善を維持する標準化
・QC的問題解決とQC7つ道具

2 品質管理活動の推進
・QC的問題解決の実践・要因の解析

3 不良・クレームゼロの実践
・対策の立案・効果の確認と歯止め・事例紹介

※上記カリキュラムについて、グループワークや演習を交えて実践的に学びます。

講師:福岡 宣行 氏
◆プロフィール
東京理科大学理工学部卒業。東京理科大学大学院理工学研究科修了。
キヤノン株式会社勤務。新製品開発段階のVE推進業務、VE・コスト教育等に従事。
現在、学校法人産業能率大学総合研究所研究員として、数多くの生産現場向けの指導・研修、ビジネススキルや階層教育、コンサルティングを担当。

対象業種:この研修は、青森県の「地域活性化雇用創造プロジェクト」を活用して行う事業のため、標準産業分類の中分類に定める下記の業種のうち、いずれかに該当する業を営む企業の従業員の方を対象としています。

食料品製造業、飲料・たばこ・飼料製造業、木材・木製品製造業、パルプ・紙・紙加工品製造業、化学工業、プラスチック製品製造業、ゴム製品製造業、鉄鋼業、非鉄金属製造業、金属製品製造業、はん用機械器具製造業、生産用機械器具製造業、業務用機械器具製造業、電子部品・デバイス・電子回路製造業、電気機械器具製造業、情報通信機械器具製造業、輸送用機械器具製造業  以上17業種

受講対象:実践的な品質管理の知識、スキルを学びたい方など。

定員:15名
申込締切:令和元年9月6日(金)
受講料:3,240円/名(税込)(工業会会員企業 2,500円/名(税込))
※請求書は受講月の翌月に送付します。

開催案内 ⇒ ○品質管理実践(9月18日)
申込書 ⇒ ○品質管理実践(9月18日)申込書

「ものづくりトレーナー」(新制度)に登録しませんか!?

今年度より「ものづくりトレーナー制度」が発足しました。
○H31 ものづくりトレーナー募集チラシ

ものづくり関係の業務に20年以上従事した経験と、若手や後進の指導育成能力と熱意があり
研修講師として活動していただける方を「ものづくりトレーナー」として募集しています。

本県ものづくり産業の生産性向上・人材育成にあたり、
企業や教育機関で「講演」や「実技指導」の講師としてご協力いただきます。

登録要件は次の3点すべての要件を満たす方について、ものづくりトレーナーとして登録します。
(1)ものづくり基盤技術または生産管理、品質管理、商品企画・開発、現場改善等のものづくり専門分野における20年以上の従事経験を有すること
(2)若手や後進の指導育成能力と熱意を持ち、研修講師として活動可能であること
(3)指導技法等の講習、若しくはそれに準ずる講習等を受講していること
※十分な教育・指導経験を有する者については(3)は免除されます。また、養成講座未受講かつ教育・指導経験を有しない方については、事務局が実施する養成講座を受講した後に登録となります。

※※事務局が実施する、指導技法等未受講者・未経験者向けの養成講座は7月頃に開講予定です。この養成講座は指導経験豊富な方も受講可能です。

活動内容・謝礼等詳細は下記の要領をご覧ください。
・ものづくりトレーナー募集チラシ ⇒ ○H31 ものづくりトレーナー募集チラシ
・ものづくりトレーナー制度実施要領 ⇒ 青森県ものづくりトレーナー制度実施要領
・登録を希望される方は ⇒ 第1号様式 ものづくりトレーナー登録(申込・変更・取消)届
・活動の取りまとめに ⇒ 第3号様式 ものづくりトレーナー活動報告書
・ものづくりインストラクターの講師派遣依頼は ⇒ 第4号様式 ものづくりトレーナー派遣依頼書

それぞれの記入例はこちら
第1号様式 (記入例) ものづくりトレーナー登録(申込・変更・取消)届
第3号様式 (記入例)ものづくりトレーナー活動報告書
第4号様式 (記入例)ものづくりトレーナー派遣依頼書

「フレックスタイム制」説明会開催~キラリ燦く職場づくり研究会2019~参加者募集

今回のキラリ燦く職場づくり研究会は、2019年4月に施行された「働き方改革」の一環として、フレックスタイム制に関する法改正があったことを受け、改正内容を含むフレックスタイム制に関する法律の内容と、導入にあたっての注意事項を解説していただく場を設けることといたしました。

ぜひ、ご参加ください。

「フレックスタイム制」説明会の開催について ~キラリ燦(かがや)く職場づくり研究会2019~

<開 催 内 容>
◎日時:令和元年7月24日(水) 13:30~15:30
◎場所:アラスカ 2階「ガーネット」(青森市新町1-11-22 TEL017-723-2233)
◎内容:
・「フレックスタイム制」に関する改正内容説明
・制度の導入にあたり気をつけなければいけないこと
・メリット、デメリットや労働意欲、モチベーションについて 等
◎講師:川村啓之社会保険労務士事務所 代表 川村 啓之 氏
◎申込期限:令和元年7月12日(金)までに申込書にご記入の上、
事務局宛にFAX又はメールにてお申込みください。
◎参加費:工業会会員企業 無料、非会員企業 ¥3,000-

開催案内・申込書はこちら ⇒ R1 フレックスタイム制導入にあたって 案内

« 古い記事